この素晴らしい世界に祝福を! レビュー【★3】【笑える/萌え】

スポンサーリンク
スポンサードリンク

基本情報

作品名 この素晴らしい世界に祝福を!
ジャンル① ライトノベル
ジャンル② ファンタジー,異世界転生,コメディ
出版社 スニーカー文庫
著者/イラストレーター 暁なつめ/三嶋くろね
公式サイト https://sneakerbunko.jp/series/konosuba/

評価

総合評価 ★★★ 絵柄やギャグのノリなどは人を選ぶ。ネットのノリや用語が分かっている人には、ギャグがツボにハマること間違いなし
ストーリー ★★ 一応ストーリーがあるのでシリアスパートもあるが、おまけレベル。ハイファンタジーのような本格的な展開はない(今のところ)
キャラ ★★★★ とても個性的でそれぞれの設定が上手に活かされている。読んでいて面白い。ストーリーを追うよりも、キャラを楽しむ作品。イラストは典型的な萌え絵で、女の子はみんなかわいい。
文章 ★★★ 良くも悪くも典型的なラノベ文章といった感じ。読みにくかったり分かりにくい感じはせずに、スラスラ読み進められる。小説というよりも漫画を読む感じになる。
その他
キャラについて補足:メインメンバーは、「幸運値以外、全て(性格も)クズで何もできない主人公」「頭が弱い女神様」「究極魔法を使えるが、それしか使えない(しかも1日1回)魔法使い」「ドMの聖騎士」と、ほとんと一言で説明できるほどの強烈な個性が立っている。キャラ作りに関しては、本当に秀逸の一言。

作品紹介

寸評

先の記事でレビューしたリゼロと同じく
「小説家になろう」発のライトノベル。
「この素晴らしい世界に祝福を!」のレビューです。
同時期に有名になり、異世界転生というジャンルも被っているところがあり
いろいろなメディアでコラボしているのもよく見かけますね!

さてさて、私の大好物なファンタジーものの作品ですが
こちらは本格的な冒険活劇ではなく、コメディメインの作品となっております。

評価の項目にも書いてある通りですが
とにかく出てくる人物が、みんな強烈な個性を持っていて
色々バタバタと事件を起こしながら何とか解決していくような感じです。

一応、魔王軍幹部とかドラゴンスレイヤーとか、それっぽい要素は出てきますが
この作品に、本格的なファンタジー展開を期待してはいけません。
現代から異世界転生してきた主人公目線で楽しむコメディ作品です。

ただ、ちょっとギャグのネタがコアというか…
ネット掲示板とか今どきのラノベの流行とか
そういったジャンルの知識があること前提でないと分からなくて寒いかも。
面白い作品だとは思うのですが、一般受けはしにくいと思います。

併せて、イラストも萌え萌えしていて、いわゆるオタク向けの絵柄。
エロというか、お色気はあまり強調されていません。
それでいて可愛い雰囲気なので私好みなのですが
二次絵自体が、あまり好きではない人には受け付けられないでしょうね。

例えばこんな感じ。
癖が強い登場人物が多い中で
(登場当初は)まともな性格で、お気に入りキャラのアイリスです。

文体についても評価に記載した通り。
スラスラと読み進められるような砕けた文体で
正直あんまり小説を読んでいる感じはしないですね。
私は好きですが。

内容も相まって、小説というよりは
コメディ漫画を読むようなノリだと一番楽しめるかな。

レビューまとめ

漫画を楽しむような軽いノリで楽しみましょう。
気づいたら一冊読み終えているくらい読みやすい作品です。
人を選ぶものの、嫌なことを忘れて笑いたい時にはお勧めの一冊です。

話は逸れるが、原作絵はあんなに可愛いのに
アニメ作画はどうしてああなった…?

スポンサーリンク
スポンサードリンク