はたらく魔王さま!(アニメ) レビュー【★4】【笑える/ファンタジー】

スポンサーリンク
スポンサードリンク

基本情報

作品名 はたらく魔王さま!
ジャンル① アニメ,ラノベ原作
ジャンル② ファンタジー,コメディ,日常系
原作 (著)和ケ原聡司(絵)029/電撃文庫
制作 WHITE FOX
放映時期 2013年4月~6月
公式サイト http://maousama.jp/index.html

評価

総合評価 ★★★★ アニメーションの出来と声優の演技が光る。ラノベにありがちなネットのネタに頼らない日常系ギャグが面白い。
ストーリー ★★★ 良くも悪くも王道ファンタジーもの。逆異世界転生ものという現在の主流とは逆の世界観設定だが、キャラの個性と合わせてよく出来ている感じ。
キャラ ★★★★ 秀逸なコメディ作品らしく、それぞれのキャラの個性が立っている。アニメでは声優の演技でいい意味で際立っており、コメディの質を高めている。
作画 ★★★★ 原作絵とのギャップはあるが、どちらもそれぞれ良い。作画崩れせずに、可愛いキャラは可愛く、格好いいキャラは格好良く仕上がっている。戦闘シーンの動きもなめらか。
音楽 ★★★★ 主題歌は栗林みなみさんの「ZERO!!」。爽やか曲調とアニメーションで気持ちがワクワクしてくる曲で作風にマッチしている。対するEDは、明らかな「アニメ声」で最初はニコ動のコメにも「ズコー」が溢れたが、なんだか世界観にマッチしているような気がして悪くない。

作品紹介

寸評

フリーター魔王さまの庶民派ファンタジー
「はたらく魔王さま!」のアニメ版レビューです。

コメディ作品って、強烈なパワーワードでどれだけ目を引けるかって
結構重要ですよね。

ちなみに、私は原作ラノベはほぼ未読です。

では、まず軽くストーリーというか設定に触れておきましょう。

異世界で世界を支配しようとする魔王サタンと
それを阻止せんがため戦う勇者エミリア一行が激しい戦いを繰り広げていた。

熾烈な死闘の中、追い詰められた魔王サタンは勇者エミリアから逃げるため
異界へのゲートを開き、側近である悪魔大元帥アルシエルと共に異界へ渡る。
そして逃げた魔王サタンを追って、勇者エミリアもまた異世界へ。

そして辿り着いた先は、東京は笹塚。
魔王サタンと悪魔大元帥アルシエルはなぜか人間の姿になっていた。

戦う力を失った魔王サタンは再起を図るため
新たな魔王城(6畳1間ワンルームアパート)を居城として
人間として、日々アルバイトの日々に勤しんでいく…

私なりにまとめたあらすじはこんな感じです。
おお、我ながら結構面白そう。

魔王さまが、現代世界でフリーターとしてアルバイトやってるなんて
面白そうじゃないですか?

私がこの作品を最初に目にしたのは、ニコ動の無料動画。
予備知識は全くなかったんですが
1話目から設定の面白さ、内容のコミカルさに一気に引き込まれ
当時は一番楽しみにしていたアニメです。

基本情報にある通り、ラノベ原作のアニメとなりますが
個人的には珍しく、原作のクオリティを超えたアニメ作品だと思います。

元作品の設定や話の内容も高水準。作画も及第点以上。
それに加えてこの作品、声優さん達の演技・アドリブが素晴らしいです。
というわけで、キャスト一覧をどうぞ。

魔奥貞夫(魔王サタン)     →逢坂良太
遊佐恵美(勇者エミリア)    →日笠陽子
佐々木千穂           →東山奈央
芦屋四郎(悪魔大元帥アルシエル)→小野友樹

※主要人物のみ。その他のキャストは公式サイトをどうぞ

実は私は声優の知識はあまりなく、大御所しか知らないのですが。
まず主人公の魔奥役の逢坂さんのアドリブっぽい
細かい突っ込みが面白い!

主に掛け合い相手となるのは遊佐役の日笠さん。
遊佐は、常識人でボケキャラではないのですが
特に魔奥のこととなると周りが見えなくなる(主に殺意的な意味で)ため
その行き過ぎた行動が、結果的にボケとなって、逢坂さんの突っ込みでギャグになります。

私はこの作品で初めて知ったのですが
業界では貧乳キャラ=日笠陽子といったような図式があるらしく
作品内で貧乳ネタがある回など
ニコ動のタグには「日笠さん、演技して下さい」みたいなのが貼られていました。

いや、この二人の掛け合い・ネタは最高に面白かったです。
YouTubeにもいくつか動画上がっているんで、ぜひ見てほしいですね。

キャラについて言うならば
第二のヒロイン佐々木千穂こと、ちーちゃん。
ロリ巨乳キャラで、私は別に巨乳属性もロリ属性もないのですが
数多ある作品の中でも、かなりお気に入りな娘です。

今どきの女子高生らしからぬ、一途に魔奥を思って
色々積極的にアプローチしたり、それが空回ったりするのがすごくかわいい。
あとこの娘がいるから、主人公の真奥が「え、超いい人じゃん」って分かります。
本人も魅力的だし、主人公を引き立てるにも一役買っている
まさにヒロインの鏡。

魔奥の側近である芦屋もいい味出してます。
笹塚に来てからも、魔奥の補佐として彼を支えます。
……主夫として。
OPでめっちゃ格好良くパンツを干している絵があるのは草。
あとは、給料日までお金がなくて
魔奥がバイト先の賄い(ハンバーガー)を食べればいいと言った時に
めっちゃ早口で捲し立てながら「スーパーサイズミーですか?」と
反論したシーンは必見です笑

そんなこんなで、原作設定と声優の演技が良い感じにマッチしていて
とにかくコメディ部分の出来は最高!

併せて、魔王VS勇者といったファンタジー部分の設定も充実しているので
コメディを楽しみつつ、王道ストーリーも追っていくことができます。

レビューまとめ

アニメ版の出来は素晴らしいです。
ファンタジー好きで笑いが欲しい方は見てみましょう。

若干、総合評価を低めにしているのは
残念ながら原作ラノベがアニメのクオリティに追いついていないから。

悪くは無いんですが、全体的に数多あるファンタジー作品の中に埋もれてしまう感じ。
正直、文体とか展開がちょっと冗長に感じてしまいます。
コメディ部分の面白さは、ビジュアルと声優さんの力が大きいんだなー、と思いました。

ストーリーの本筋はアニメ終了した12話以降から
本格的に事態が動き始めて面白くなるらしいのですが
残念ながら、私は原作ラノベはそこらへんの5~6巻くらいで止まっています。
同じ物語のはずなのに
漫画版は展開が早くて読みやすく、最新刊まで購入しているのですが。
なんでだろ。

おまけ(OP動画)

※曲の良さは勿論、芦屋のパンツ干すシーンにも注目!

スポンサーリンク
スポンサードリンク