ノーゲーム・ノーライフ5巻 レビュー【★4】【笑える/パワーワード】

スポンサーリンク
スポンサードリンク

基本情報

作品名 ノーゲーム・ノーライフ(5巻)
ジャンル① ライトノベル
ジャンル② 異世界転生、コメディ、ゲームバトル、ファンタジー
出版社 MFJ文庫
著者/イラストレーター 榎宮祐/(同)

評価

総合評価 ★★★★ ギャグ回と思われた前巻からの、まさかの続き。吸血種・海棲種に続き、今回は天翼種まで巻き込んで対決。天翼種の圧倒的な能力は言わずもなが、序列下位の吸血種や海棲種、そして人類種の壮絶な駆け引きが繰り広げられます。今回はジブリール回。
ストーリー・設定 ★★★★ 「伝説級の馬鹿」は伏線でも駆け引きでもなんでもなく本当に素直にシンプルに馬鹿だったことに安心。有翼種とはシリアスで壮絶なゲームバトル展開が、そして終盤に明かされる意外な事実。これは全然予想出来ませんでした。
キャラ ★★★★ ジブリール回だけあって、普段とは違う彼女の一面が見えます。いつもとギャップがあるシリアスなジブリールも良い。あれ、よく見たらジブリールも可愛い? そして吸血種プラムや海棲種の女王ライラの本性も明かされます。ステフたんの出番はあまりなくて残念。白は相変わらずチート。
文章 ★★★★ この作品に限ったことではないですが、作家さんって語彙力がすさまじいですよね。あれだけ人を罵倒する言葉を思いつくのは凄いなぁ、と脱帽。あのセリフを書いている時って、どういうテンションなんでしょうかね。そして今回は強烈なパワーワードが。

作品紹介


『ノーゲーム・ノーライフ 5』
ーゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようですー

ゲームで全てが決まる世界『ディスボード』--
人類種の王となった地球出身の最強ゲーマー兄妹・空と白は
吸血種と海棲種の『リアル恋愛ゲーム』をかい潜り
真の攻略法を暴くべく向かうは、天翼種の故郷
空中都市『アヴァント・ヘイム』!

だが序列第六位、狂瀾怒濤の”神殺しの種族”が一筋縄で行くはずもなくーー?

空と海を制し、比翼のゲーマーは三種族一挙制覇へその手を届かせるか!?

「俺TUEEEでゲームして1回負けたらクソゲ認定? ”俺YOEEE”からやり直せ!」

大人気異世界ファンタジー、嘘と騙りと陰謀の入り乱れる大連戦の第5弾!

5巻裏表紙より引用

寸評

獣人種に続いて、吸血種・海棲種・天翼種を引き込めるのか。
『ノーゲーム・ノーライフ』5巻の作品レビューです。

ギャグ回と思わせといて、全然ギャグ回じゃなかった前回。
漢・初瀬いのを人質に取られてしまい
海棲種のゲームを攻略するための情報を求め
一同は天翼種の故郷「アヴァント・ヘイム」へ向かいます。

既に天翼種の幹部のジブリールは仲間になっていますが
天翼種自体は、素直に空達に協力してくれません。
当然の如く、ゲームでの勝負となります。

今回の相手は、天翼種の”全翼代理”という天使アズリール。
ジブリールの姉的存在とのことですが
天翼種とは、序列第一位の神霊種から作られた神殺しの兵器。
妹であるジブリールの方が最新で有能ということらしいですが
そこは序列第六位の天翼種。
アズリールも、ジブリールに劣らず程の圧倒的スペックを誇ります。

しかも今回は、「天翼種全員」との勝負。
お題は「鬼ごっこ」。

色々な状況や思惑が絡み合い
何の準備もできないまま、相手の土俵で戦うことになる『  』。

「勝負は始まる前に決まっている」という持論と相反する状況で
それでもジブリールの思いに応えるために、その勝負に乗る空と白。
序列第六位の天翼種相手にも、白のチートっぷりが光ります。

ゲームのお題も、状況も、生物的なスペックも
何もかもが絶望的な条件の『  』ですが
ジブリールの想いに応えるかのように
常に不敵に、余裕に笑いながら、ゲームを楽しみ天翼種を圧倒する二人。
ラノベ主人公は、こうでなきゃ!って感じですね。

はてさて、今巻のメインパートは天翼種とのバトルですが
そもそもの目的は、海棲種のゲームを攻略して
海棲種と吸血種を、人類種の領土「エルキア連邦」に組みこむこと。

終盤では、前回はかなり馬鹿な雰囲気で終わりつつ
結局その目的と攻略方法が不明だった
海棲種の「リアル恋愛ゲーム”もどき”」に挑みます。

…その攻略方法は「唖然」の一言。
ここで作家さんの圧倒的な文章力やネタ力が!
これはぜひ、作品を読んで堪能していただきたい部分です。

ヒント:作品紹介の項目に貼ってある画像(挿絵)

そうそう、ちなみに今回は作家さんの技量とセンスに圧倒されることが多かったです。
「童貞が寝取る」「童貞が父性愛に目覚める」
という、数々の強烈なパワーワードが書かれていました。
本当、このセンスがうらやましい。

そして、海棲種のゲーム攻略では、まだ終わりません。
天翼種・海棲種……残る吸血種との駆け引き。
意外過ぎる衝撃的な真実と
今回の一連の出来事が始まる前から仕組まれていたこと。

なるほど、吸血種は人類種と同じ「弱者」ではあっても
「馬鹿」ではなかったようです。

天翼種よりも、よっぽど手ごわい相手だったのではないでしょうか。

人類種や吸血種といった序列下位の「弱者」こそが
「強者」たる種族にとって脅威と成り得る理由が、濃密に描写されています。

仮に3巻までの獣人種攻略を第1章とするならば
今回の3種族との戦いは、さしずめ第2章となります。

練りに練って、ストーリーを構成しているんだろうなぁと思うんですが
いろんな立場のキャラの複雑な意図が絡み合いながら
それぞれの目的を達しようと、様々な陰謀・計略を張り巡らせています。

主人公の空と白が、更にその上を行く駆け引きで相手を倒していくことが
このシリーズの最大の魅力ではありますが……

第2章に関しては、とにかく複雑。
ラノベとは思えない程に、幾重にも積み重ねられた伏線。
何回か文章を読み直したりしましたが
完全に内容を理解するには、4巻からの読み直しが必要。
そう思わされるくらい、重厚な内容になっています。

コメディものと標榜されているらしいですが
充分にストーリー物として通用する内容だと思います。
ギャグの質もかなり高いので、コメディをメインジャンルとしても
それはそれで通用すると思いますけど。

これはまあ、私の読解力・理解力に要因があるということを前提に
率直に一言でいうと「話が複雑でわかりにくい」です。
これは決して批判ではなく、むしろ良点と受け取ってほしいです。
誤解なきようお願いいたします。

頭良くならなきゃ!(切実)

レビューまとめ

毎回書いているように、面白い作品です。
シリアスもコメディも、毎巻本当に楽しませてもらっています。

3種族編(勝手に命名)も今巻でひと段落。
寸評に書いている通り、話が複雑になってきているので
一度4巻から読み直すのもありですね。

次巻は映画化もされたという過去(?)編とのことで
非常に楽しみです。

アニメの内容は3巻までということなので
そろそろ解禁しようかな。

あの複雑なゲームバトルが
アニメでどういう描写をされるのか
こちらも非常に楽しみです。

レビューした作品の購入はこちらから!

ノーゲーム・ノーライフ 5
ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです

著者:榎宮祐 イラスト:榎宮祐
KADOKAWA / メディアファクトリー
ジャンル:ライトノベル

スポンサーリンク
スポンサードリンク