モッピー!お金がたまるポイントサイト

なろうでPVやブクマを増やそう!5 モチベーション管理の重要性

前回のおさらい

前回は、自分が書いた文章に完璧を求め過ぎないこと。
見直し・修正に手間をかける余りに公開出来ないくらいなら
ある程度見切りをつけることも必要、という話をしました。
   

前回・前々回と、主にモチベーションを維持するためのことを書きましたが
今回は、そのまとめをしたいと思います。

過去の記事はこちら
<1回目>なろうでPVやブクマを増やそう! 1 まず行動・実践すること
<2回目>なろうでPVやブクマを増やそう!2 「継続力」が一番大事
<3回目>なろうでPVやブクマを増やそう!3 結果をすぐに求めない
<4回目>なろうでPVやブクマを増やそう!4 文章の推敲について~完璧を求めない~

これまでのまとめ

小説などのコンテンツ作りにおいて、私が最も重要視しているもの。
それは2回目に書いてある通り、継続して完成させることです。

不完全でも拙くても良い。
とにかく1つの作品を完成させること。
アマチュアの場合、これは本当に大切なことだと思います。

そのために最も重要になるのが、モチベーション管理だと思います。

中でも前回・前々回は、モチベーションを阻害する要因に触れてきました。

モチベーションを上げる方法って、人によって千差万別だと思うんですが
心が折れて途中で書くのを止めてしまう人の理由って、だいたい共通していると思うんですよ。

その中でも代表的なものを2つ書かせていただきました。

これら2つについては、よほど強靭な精神力や不屈の意志の持ち主でない限りは
避けようがないことだと思います。

でも、同じことで悩んだり苦しんだりしている人は、1人だけじゃない。
ほぼみんなが同じことで思い悩みながら、そこから立ち上がれる人が先に進める。

個人的に「辛い思いをしないと成長出来ない」という考え方は大嫌いです。
ですが「辛い思いをしているのは1人じゃない」と共感していただき
これを読んで下さっているあなたの先に進む力となれば、本当に嬉しいです。

楽して上手くいく方法があれば、それに越したことはありません。
辛いことなど無く、楽しく出来た方が良いに決まっています。

でも、現実にはどうしても避けられない辛いこともあります。

特に小説執筆は、ある意味孤独との戦いともいえます。
でも同じ思いを背負っている仲間がたくさんいることを知っていただき
頑張って書き続けていっていただければと思います。

目的と目標を明確にしておく

最後に、モチベーションを維持することについても書いていきます。

特に維持することについて。
モチベーションを上げる方法は上に書いた通り人によって千差万別だと思いますが
「維持する」という点においては、誰にも共通する大事なことがあると思います。

それは「原点」をしっかり持つこと。
つまり「なんのために書いているのか」ですね。

標題には「目的と目標」と書きましたが
そんなに堅苦しく考える必要はありません。

単純に何で書いているのかを
いつ聞かれても即答出来るようにしておくと良いと思います。

この時、重要な点は「自分に嘘を吐かない」ということです。

聞かれても即答できるように…と書きましたが
別に自分が小説を書く目的を他人に公開する必要はありません。

ですから「お金が欲しいから」「承認欲求を満たしたいから」とかいう
俗物的なものでも、全然構わないと思います。

そもそも小説しか収入源がない専業作家さんは
まんま「お金が欲しいから」書いているはずです。
別に恥ずべき事でもないと思います。

ここで「人を感動させたい」「人のためになるものを書きたい」とか
無理して立派なことを掲げると、躓いた時に「何のために書いてるんだっけ?」となります。

もちろん、本当にそう思っているなら、全く問題ないです。
躓いても自分を奮い立たせる材料になると思います。

これについては、しっかりと自分の正直な想いを持っていると良いと思います。

そして、それを満たすために目指すべき指標を決めましょう。
これが「目標」ですね。

これはなるべく具体的な方が良いですね。
「PV1000達成!」とか「感想3件もらう!」とか。

「ただ頑張る」というよりは「PV1000以上」という
具体的なゴールが見えた方が、頑張りが続くと思います。

但し、よくある注意点が「目的と目標を逆にしないこと」です。

具体的な例を言うと「PV1000以上」が目標だったのが
それにこだわるあまり、目的にすり替わってしまう、ということ。
アクセスを稼ぐためなら、手段を選ばないようになってしまうようになります。

例えば、本当にアクセスを稼ぐことだけが目的ならば
なろうに掲載されているこの作品は、私は天才的だと思います。

Re:この素晴らしい世界に転生したらソードアートだった件に出会いを求めるのは劣等生

なろう小説を細かく調査したりはしていませんが
僅か205文字で累計PV55,000以上、感想100件以上という
コストパフォーマンス的にはなろう内では最強の作品ではないでしょうか。

これは本当に皮肉や煽りという意味ではなく
「PVを稼ぐ(多くの人の眼に触れる)」という目的からすると、天才そのものです。

だってラノベ好きな人ならこのタイトル……どうしてもクリックしたくなりますよね?
あらすじの書き方なんかも、僅か十数文字ですが、やはり天才的です。
大半の人はクリックせずにはいられなくなっています。

……でも、おそらくここまで読んで下さる方の多くは
こういった小説を書きたいわけじゃないですよね?

これが「目的と目標がすり代わる」ということです。

※注
この作品自体は、ネタとして個人的にはとても面白く笑わせていただきました。
ですので決して貶めるためにリンクを貼ったわけではなく
私が伝えたいことを分かりやすく説明するための例として挙げています。
これを考えた人は、本当にセンスあると思いますし
真面目に物語を書けば面白いものをかけるんだろうなと思っています。

これを防ぐために私が意識しているのは
「目的」を満たすためには(人に迷惑を掛けないことを前提に)手段を問わない
「目標」を達成するための手段はよく考えなければいけない
ということです。

あと「目的」は、そうそう変わることなどはないものですが
「目標」に関しては、「ちょっと違うな…」と思ったら、ころころ変えてもいいと思っています。

「なんのために書いているか」
「そのためにこれを目指している」
「だから、今はこの方法を試している」
というようなことがいつでも言える状態を維持することが出来ると理想的ですね。

おまけ:モチベーションを上げる方法

モチベーションが下がらない・維持することばかり書いてきたので
最後に私が実践しているモチベーションを上げる方法を紹介いたします。

ていうか、紹介ってほどのものでもないですけど
おそらく大部分の人がやっていることです。

音楽聞きながら書くことです。

というわけで、最近実際に聞いている曲をいくつかご紹介いたします。

GET YOUR WORLD (touch my secret)


格好良い曲で、物語が佳境に入ってきた後半に会う歌だと思います。
この曲からゴッドイーターに興味出てきて、プレイ中です。

The Asterisk War (西沢幸奏)

Gray Blaz(西沢幸奏)


西沢幸奏さんのアニメタイアップ曲!
やっぱり格好良い曲で、燃える系の歌ですね。
こちらも物語が佳境に入っていく時のイメージ。
水樹奈々さんが好きなら、絶対に気に入ると思います。

This game(鈴木このみ)


原作ラノベは本ブログでもレビューもしております。
鈴木このみさんが歌うノーゲームノーライフの主題歌。
この人の歌い方も大好きなんですよね。

堕天の鎖


歌ではなくBGM。
フリーゲーム「被虐のノエル」の逆襲BGMです。
話は逸れますが、このゲームはストーリーも設定も演出も秀逸。
面白いだけではなく、物語書いている人はめちゃ勉強になると思います。

全部挙げていくとキリがないので、この辺で。
主に盛り上げる系の音楽達ですね。

まとめ(と、蛇足的なお知らせ)

・モチベーションを下げる要因に対して備えよう。悩んでいるのは1人だけじゃない。

・「目的」は正直に持っておこう。別に他人に公表する必要はない。

「なんのために書いているか」「そのためにこれを目指している」「だから、今はこの方法を試している」。これらが即答出来ると良い。

・歌(音楽)はいいね。人類が生み出した文化のry

ちなみに連載シリーズとしては、今回を最後にします。
あんまり1回目、2回目…とかしていく意味も特に無いし
なんか自分に変なプレッシャーがかかるので。

今後はただの雑記として、気が向いた時にまた書いていこうと思っています。

そうそう、例の作品については先日10,000PV/日を達成しました!
その時に試した方法なども紹介していきたいと思っています。

相変わらず、作品への直リンクが張れないのが残念なんですけどね……

それでは今後とも宜しくお願い致します。
良ければコメントいただければと思います。

スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする