モッピー!お金がたまるポイントサイト

ノーゲーム・ノーライフ アニメ レビュー【★4】

基本情報

作品名 ノーゲーム・ノーライフ
ジャンル① アニメ,ラノベ原作
ジャンル② ファンタジー,コメディ,異世界転生,ゲーム,駆け引き
原作 (著)榎宮祐(絵)同左/MF文庫J
制作 MAD HOUSE
放映時期 2014年4月~6月
公式サイト http://ngnl.jp/tv/

評価

総合評価 ★★★★ 原作を読んでいないと内容は分かりづらいため、原作既読層向けの作品。作画の綺麗さ、声優の演技力は随一。
ストーリー ★★★★ 話やゲーム内容の設定が複雑で、初見だと内容に入りづらい。逆に原作を読んでいる層からすれば、文字だけでは分かりにくかったものが映像で提示されるため、内容に入っていきやすい。作品のテーマ上、これは仕方ないことではあるけれども。逆にあれだけ複雑な設定や内容を、よくアニメでここまでまとめられたなぁという印象
キャラ ★★★★ 原作でも尖った個性で魅力あるキャラ達だったが、声優さんの演技でそれが更に引き立てられている。中でも空の松岡禎丞さんとジブリールの田村ゆかりさんの演技は◎。「自称エスパー、この手は読めたか?」
作画 ★★★★ そこまで動きが激しい作品ではないですが、異世界独特の世界観や雰囲気を綺麗な画で表現できていると思います。背景や遠景の綺麗さが印象的でした。
音楽 ★★★★ 逆転劇系の作品には処刑用BGMが超重要なのは言うまでもありませんが、充分及第点。空が不敵な笑みを浮かべると共にBGMが流れると、「あ、始まるな」と思います。

作品紹介

寸評

久々のアニメレビュー。
少し昔の作品なのは、いつも通り。

当ブログでも原作ラノベのレビューをしている
ノーゲーム・ノーライフのアニメレビューです。

本作品の魅力。
それは既存のゲームやアニメをパロッたギャグ。
そして、複雑で高等な駆け引きを駆使しながら
弱者が絶対強者を降すという、胸がスカっとする逆転劇。

映像化ということで、前者は間違いなくパワーアップしています。

文字だけではなく、コメディタッチな絵柄や音楽が笑いを誘いますし
何よりも、声優のさんの演技が冴えわたる作品です。

主人公・空の声優を務める松岡禎丞さんを筆頭に
茅野愛衣さん、日笠陽子さん、田村ゆかりさんなど
有名だけではなく、実力派の声優さんたちが揃っています。

ノリがいいコメディの演技も素晴らしかったですが
私が見ていて最も震えたシーンは
対獣人種編で、空がいのに放ったセリフ。

「自称エスパー、この手は読めたか?」

まずもって、このセリフ回しが天才的センス!
この短い一言に、空の性格・駆け引きの天才さが全て込められてます。

そして、この天才的なセリフ回しが
松岡さんの天才的な演技で昇華されています。

どんな窮地であっても、常に相手を食ったような態度で余裕ぶる空を
そのまま表現したように、薄ら笑いを込めながら放つ演技!

この一瞬のシーンはマジで凄いです。
今まで見てきたどのアニメよりも、声優さんの演技に震え上がりました。
是非、聞いてみて欲しいです。

さて、後者の「複雑高等な駆け引き」ですが…
本作に出てくるルールや設定は、はっきりいって複雑そのもの。
正直、原作ラノベで詳細に説明されている文章を見ても、理解は難解。

それが、映像化にあたってどうやって表現・説明されるのか…
不安でもあり、期待でもありましたが。

ほぼ違和感なく、原作と同じレベルでの表現が出来ていたと思います。
どうしても口頭での説明台詞は長くなりがちですが
それはジャンル上致し方ないと思いますし
コメディっぽい絵柄なども使いながら、面白く表現出来ていました。

むしろジブリール戦における「具象化しりとり」なんかは
アニメの方がむしろ分かりやすかったくらいです。

クーロン力とか、アトモスフィアとか
専門過ぎてよう分からんものは、どうしても文字だけじゃイメージ出来ないんですよね。
アニメの絵を見て、「ああ、こういう感じなのね」と理解出来た部分もあります。

但し!
こう思えるのは、あくまでも原作から入ったからだと思います。
原作文章⇒アニメ、だとすんなり入っていけますが
ぶっちゃけ、初見がアニメだと「訳分からん」となる人が多い作りです。

これも仕方ないっちゃあ、仕方ないことだとは思いますが…
良くも悪くも「原作既読前提」のアニメ作品だと思います。

ただ、何度も書いてある通りアニメの出来としては、かなり上質。
対決(ゲーム)そのもののルールや設定は、分かり辛いなりに丁寧に説明されているし
何より、その対決(ゲーム)に至るまでの、敵との駆け引きが、もうそれが既に面白い。

原作を読まずに視聴しても
「何かよく分からないから、原作読んでみるか」となる人も、決して少なくないと思います。
それくらい面白いです。

惜しむべくは1クール12話で完結していること。
現在も2期の噂は聞こえてこないので、予定は無いんでしょうね……

これから、最強種族の神霊種との対決に入って盛り上がっていくのに、とても残念!
あの対決をアニメならどう描くのかが、個人的にはとても楽しみですが……

ただ、神霊種の対決は、原作レビューにも書いた通り、今までに増して複雑ですからね。
やはり映像だけで表現するのは無理なのか。

あとあと、ギャグ要素が濃い目のライラやプラムも、是非声優さんの演技を聞いてみたいですね。

強いて、微妙かなと思っていた点を挙げるならば。
これは原作でも同じことを感じていたんですが、アニメではより一層強く感じたことで
お色気シーンのノリが、ちょっとオタク色が強すぎるかな…と。

あからさまなお色気が個人的にはあまり好きではないということもあるんですが
わざとらしいというかなんというか……
物語的にも、あまり必要が無いと感じた部分だったので
ひょっとしたら人によっては引いてしまうかなーと感じました。

蛇足

私と同じように、作品は面白いけど、ゲームのルールが理解出来ない…という方。
「ノゲノラ 解説」とかで検索すると、色々な解説サイトが出てきます。

もし興味があればいかがでしょうか。

レビューまとめ

間違いなく面白い作品ではあるのですが
原作既読前提というのは、アニメ作品としてはどうか…
というところで、満点ではなく★4かなという感じです。

ていうか、逆に原作ファンなら必ず見るべき作品。
めっちゃ面白かったですよ。