モッピー!お金がたまるポイントサイト

【R18】白薔薇の騎士と純白の姫 戦闘力ランキング的な ※読者様向け


作品へのリンクはこちら↓から
白薔薇の騎士と純白の姫

※記事内容にはR18に触れるものはありませんが、リンク先がR18のためタグをつけています。

初めての自作作品との連携企画です。
おかげさまでご好評をいただけております、ノクターンノベルで連載中の拙作「白薔薇の騎士と純白の姫」ですが、4章後半時点において様々なキャラクターが入り乱れてきており、どれこれも個性的だという本当に嬉しい感想をいただいております。

バトル展開も増えてきておりますので、完全自己満足黒歴史企画ではありますが、それぞれの戦闘力設定をこちらのブログの方で公開していきたいと思います。

キャラ絵があるキャラはイラスト共に掲載しています。
暇つぶしにでもどうぞ。

ちなみに対象キャラや戦闘力の定義については…
・4章50話時点での登場キャラクター
・純粋な戦闘能力(頭のよさとか戦術指揮とか、そういうのは含めない)
・特殊能力等の条件持ちキャラは※でその条件を入れています。

では行ってみましょう。

最下位~30位

最下位からカウントダウン形式です。
言わずもがな、最初は非戦闘員が多いです。

最下位 聖アルマイト王国大臣グスタフ

33位 聖アルマイト王国第2王女『純白の姫』リリライト=リ=アルマイト

32位 リンデブルグ家メイド ミリア

31位 ダイグロフ家メイド リーファ

30位 奴隷リリアナ

非戦闘員といったら、この辺りでしょうか。

この中で忘れられていそうなキャラといえば、リーファ・リリアナ・ミリアかな。
覚えていられますでしょうか。

ミリアは、リアラのリンデブルグ家に仕えるメイドで、リアラと同年代の友人的な存在の娘です。

リーファは、リューイ君が入団直後に配属された部隊の駐屯先で、彼を寝取ろうとした領主のメイドです。

リリアナは、ヘルベルト連合国からグスタフが購入した奴隷ですね。

まあ、ここら辺はみんな非戦闘員なので、ほぼ差は無い感じです。
リリライト様は、もともと運動神経オンチ+温室育ちという設定なので、激弱設定です。
一般人よりも弱いです。

そして悲しくも、そのリリライト様よりもはるかに弱いのがグスタフさん。
リリライト様と対等の条件でガチ喧嘩したら、普通に負けるくらいの設定です。
そのくらい弱い。

この2人だけは群を抜いて弱い設定です。

29位~21位

下位~中堅といったあたりのキャラ達です。
序盤に出てきてそれっきりのキャラもいるので、結構忘れられているかも。

29位 ヘルベルト連合加盟国ガルガント国大臣の娘アストリア

28位 龍牙騎士団騎士団長付(後に団長代理)コウメイ

27位 ミュリヌス学園1年生レティス

26位 ミュリヌス学園2年生ルミナ

<--一般的な白薔薇騎士-->

25位 ミュリヌス学園1年副担任ミリア

24位 龍牙騎士レーディル

<--一般的な龍牙騎士-->

22位 龍牙騎士リューイ=イルスガンド
 同位 ヘルベルト連合代表(クリアストロ国代表)フェスティア=マリーン

21位 ミュリヌス学園1年主担任 シェリー

ここら辺で忘れられていそうなキャラは……
レティス、ルミナ、ミリア、シェリーあたりでしょうか。

レティスは、4章3話でリアラと仲良く(意味深)していた同級生です。
ルミナは、4章8話でそのリアラとレティスが仲良く(意味深)していたのを見て巻き込まれた上級生。
シェリー、ミリアは2章に出てきたリアラ達の担任教師ですね。

今白状しますが、リンデブルグ家メイドのミリアと、教師のミリアの名前かぶりは、完全に私のミスです。

ぶっちゃけると端キャラの名前はすぐに忘れてしまうんで、うっかりかぶっちゃったんです。
何かしらの伏線などではありません。

ここら辺に来ると、物語の本筋に絡んでくるキャラも増えてきますね。

劇中ではコウメイは非戦闘員扱いされていますが、一応は訓練を積んでいる龍牙騎士なので、ランキング的にはここらへんの位置です。

なんだかんだ言っても、お嬢様であるアストリアよりはさすがに強いけど、ミュリヌス学園の生徒には負けてしまうくらいですねー。

一方、政治家にも関わらずフェスティアの位置付けは龍牙騎士のリューイと同等程度。
後方指揮だけではなく、自らの剣や魔法の腕も鍛えてきた、実は努力の人なんですよ、フェスティアさんは。

ちなみに一般的な白薔薇騎士の強さは、ルミナとミリアの間あたりです。
同じく一般的な龍牙騎士の強さは、リューイ・フェスティアよりもやや下。
龍牙騎士であるレーディルは平均よりやや下、というような位置づけです。

20位~13位

ここら辺まで来ると、トップレベルの実力者達。
主役級の顔ぶれも揃ってきています。

20位 ミュリヌス学園1年次席リアラ=リンデブルグ

19位 白薔薇騎士クリスティア=レイオール

18位 ミュリヌス学園1年首席アンナ=ヴァルガンダル

17位 白薔薇騎士団騎士団長シンパ=レイオール

16位 龍の爪強襲部隊隊長『殲滅』のオーエン=ブラッドリィ

15位 龍牙騎士ダストン

14位 龍の爪特別任務部隊『黒風』のジャギボーン

13位 龍牙騎士団将軍ジュリアス=ジャスティン

ここまでくれば、さすがに忘れられているキャラはいないと思いますが……
オーエンとかジャギボーンとか、大丈夫ですよね?(不安)

主人公であり、作中ではやたらと強い描写が目立つリアラですが、いかんせんまだ学生です。
それに実は3章までの時点で戦ったことがあるのは、リューイや教師のシェリーくらいで、リューイには楽勝描写だけど、シェリーとは実力拮抗しているので、戦闘力的にはここら辺が妥当かなと思いますね。

ですので、首席の座を争っていたアンナには、結構水を空けられていたりします。
同じ学生ですが、アンナは非常に高い戦闘力を持っており、2章時点で白薔薇騎士団長のシンパに迫る勢いです。

ジュリアスは知将というイメージを強く描写していましたが、戦闘力も全然侮れないです。
少なくともヘルベルト連合の猛者くらいは、直接戦闘でも軽く降すくらいの実力の持ち主です。

トップ12

いよいよ作品内でもトップの実力の持ち主たちです。

12位 白薔薇騎士クリスティア=レイオール ※異能強化状態

11位 龍牙騎士ランディ=レイコープ

10位 龍牙騎士ミリアム=ティンカーズ

8位  聖アルマイト王国第2王女『鮮血の姫』ラミア=リ=アルマイト
同位  ミュリヌス学園2年首席ステラ=ストール

7位  聖アルマイト王国第1王子カリオス=ド=アルマイト

6位  龍牙騎士ミリアム=ティンカーズ ※異能強化状態

5位  龍牙騎士騎士団長ルエール=ヴァルガンダル

ここまでで4位。

ここら辺までくると、グスタフの異能で強化されたキャラが入ってきます。
異能で強化されただけで10位以内に食い込んでくるので、強化具合がヤバいです。
まあ、チート能力なので、仕方ないね。

ルエール団長は、1度も戦闘シーンは無いんですが、実はここまでの強キャラ設定なんです。

「ディードに負けた」というイメージが強すぎた感がありましたが、総合力では龍牙・紅血・白薔薇の3騎士団長の中ではトップの実力という設定です。
実際3騎士筆頭と描写していますしね。

実はフェスティアは、聖アルマイトを相手取るにあたって、最も厄介な相手はカリオスではなく、ルエールとラミアだと認識しています。

そして本編で出番が圧倒的に少ないラミア、ステラが8位にランクインしました。

特にラミアなんて第2章の御前会議以来全く出てきていませんからねー。
ステラも超重要人物キャラなんですが、いまいち本編に絡められていません。
2人とも、かなりの強キャラ設定なんですが……

次からはベスト3となります。
1人ずつ行きましょう。

3位 聖アルマイト王国紅血騎士団長『王国最強の騎士』ディード=エレハンダー
同位 元ミュリヌス学園1年首席アンナ=ヴァルガンダル ※異能強化時

3位は同率で2人。
聖アルマイト王国最強の騎士ディード=エレハンダーと、グスタフの異能で強化されたアンナ=ヴァルガンダルですね。
もともとの能力でも白薔薇騎士団長のシンパと互角のアンナが異能で強化されてしまえば王国最強騎士にも肉薄する程になるという。
アンナの素質がすごいのか、グスタフの異能が恐るべしなのか。
実はアンナの設定にも秘密があるのですが、ここでは秘密。

2位 聖アルマイト王国第1王子カリオス=ド=アルマイト ※神器使用時

第2位は神器を使用したカリオス王子です。
第4章のフォルテア森林帯の戦いで初めて戦闘シーンを見せたカリオス王子。
いくつもの神器を扱い、1人で大部隊を蹂躙する無茶苦茶な戦闘力を発揮しました。
コウメイの「もうカリオス1人でいいんじゃないかな」というのは、勿論あの有名なセリフをパクらせていただきました。

1対1の戦闘力というよりは、多対一の戦いで真価を発揮するタイプですね。
ただあまりに際限なく強くし過ぎると物語が成り立たなくなるため、燃費が悪いという致命的な弱点を設定しています。

ちなみにカリオス王子はルエール団長に師事しているという設定。
素の戦闘力では、ルエール団長には及びません。

ではでは、いよいよ作中最強キャラの発表となります。
1位は……

1位 元ミュリヌス学園1年次席リアラ=リンデブルグ ※異能強化時

グスタフの異能で強化されたリアラです。
グスタフの異能強化が主人公補正みたいになっちまった……

作中では王国最強の騎士ディードを圧倒したように、最強の戦闘力を有しています。
その力は神器持ちのカリオスすら超えて、他の追随を許さない程の強さです。

実は、カリオスの神器のようなド派手な能力ではありませんが、地味ながら非常に強力な能力を有しています。
戦闘シーンなどでも、ところどこどその能力の一端は発揮されています。
そしてそれは彼女自身の正体にも関わっており、それがステラに狙われた一因でもあり……

これ以上は、本編の続きをお待ちくださいませ。

あとがき

というわけで、完全自己満足な企画でした。
書いてる方は楽しかったですが、いかがでしょうか。

それぞれキャライラストがあれば画面映えもするんでしょうけど、さすがにこれだけのキャラのイラスト依頼をするほどにお金の余裕はありません……

それでは終盤に入っております本編も是非応援宜しくお願い致します。

白薔薇の騎士と純白の姫

コメント

  1. ひよこ より:

    こういうランキング記事大好きです。
    アンナがクリスティアより強化幅が大きいのはグスタフ様が若い雌の方がやる気入ってるだけと勝手に妄想しつつ、アンナとリアラの秘密が明かされるのを楽しみにしてます。素で異能強化勢と闘えてしまうディードさんにも何か秘密があるとか・・・?
    誤字報告で心苦しいのですがリアラの異能強化痔という凄いワードが・・・

    それはさておき今後の更新も楽しみにしております。

    • kane0921 より:

      おおおっ、ひよこさんっ!
      コメントありがとうございます!

      そうですよね。
      こういうの私も大好きで、いつか自分でも作りたいなーって妄想していたんですが、そう言っていただけるとめっちゃ嬉しいですー!

      若干ネタバレかもしれませんが、ディードさんの強さには特に仕掛けはありません(爆)

      ディードさんに関しては、ここら辺には何の伏線も張っていない(つもり)ので、それはもう単純なまでの強さの象徴として描きたかったキャラなんです。

      寡黙な最強の騎士って、滅茶苦茶格好よくありません…?

      >誤字報告で心苦しいのですがリアラの異能強化痔という凄いワードが・・・
      ああああああっ!
      凄まじい誤字をしてしまった。
      これでは、これまでに見たことが無い凄まじい状態異常みたいになっちまった!

      ふー、ひよこさんのおかげで誰にもバレずに修正出来ました。
      ありがとうございました(手遅れ)

      こういうコメントもらえると本当に嬉しいですね!
      今後も何か連携企画を作っていきたい気になります。

  2. dokumu より:

    私もこういうランキング好きです。
    11位のランディ……いきなり生首のイメージしかなかったんですが、意外に強くて驚きです。
    個人的な見解ですが10位と8位の間にも壁がありそうですね。A級とS級の差というか、一流と超一流の違いみたいな。
    そして異能強化されたアンナさんの強さに驚きます。まさか王国最強のディードと互角とは。コウメイくんとシンパさんがあの時本当にピンチだったのがわかります。
    グスタフの異能のチートさがわかりますね。

    • 白金犬 より:

      dokumuさん! コメありがとうございます!
      好きですか、そうですか!
      私も大好きです! ありがとうございます!

      そうなんです。
      期待のホープというだけあって強キャラ設定にしていたんですが、1回も剣を抜くことがないまま退場してしまいました。
      何か番外編的なもので活躍させてあげたいと思うんですが、今のところ何も思い浮かばない……不遇なキャラです。

      おっしゃる通り、今回のランキングは順位は等間隔ではないですね。
      それぞれのランクで差があったり、僅差だったり……

      あの……めっちゃ嬉しいんですが。
      確かに、勝手に私の中で8位のラミア、ステラと7位以下では大きく差がある設定です。
      そこまで深く読み込んで下さっていることが驚愕で、大変うれしいです。
      こんな自己満企画にそこまで……ありがとうございます。

      ちなみに1位・2位とそれ以下も、大きい差があります。
      それこそS級とSS級、SSS級といった感じです。

      まあ、すごく精密に設定しているわけではなく、あくまでもざっくりお気軽企画ですが。

      少しでも楽しんでいただければよかったです!
      また何か企画しようかな。